TOPスポンサー広告 ≫ ペンタブ3台目TOP雑記 ≫ ペンタブ3台目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ペンタブ3台目

新しいペンタブ来ました。
今回の購入で、3台目です。

現在のintuos4は特に問題は無いのですが、会社で使いたいと思った為、別途3台目を購入。
ちなみに絵描き用ではなく、画像加工が目的なので、安くて小さいものにしました。

こちら。
Intuos Draw



amazonから購入しました。

もともと、以前のBambooシリーズの流れを汲むタブレットらしいのですが、色々シリーズが変わって、板のペンタブは、みんなIntuosの名前になったようです。

IntuosProというシリーズが、以前のIntuos~Intuos5の後継機だそうな…。

さて、新しく来たIntuosDrawさん。
現在のIntuosシリーズは、Draw、Art、Comic、Photoの4種類。
それぞれにサイズがあり、さらにワイヤレスキット同梱タイプもあるようですが、Drawに限り、サイズは1種、タッチ入力不可。その為、Wacomの板タブでは、一番、お財布にやさしいお値段になってます(笑)

現在使っているのが、Intuos4のLargeなので、新たに来た、Drawさんが小さいのなんの!
オモチャみたいに見えました(失礼な!)
しかし、そこはさすがに年月による技術の進歩がモノをいうのか、かつて使っていたFAVOよりもハイクオリティです。まず描き心地が違います。
多分、初めてペンタブ持つ人には十分だと思います。
また、別売りのワイヤレスキットを付けることで、無線での使用が可能となります。(ワイヤレスキット同梱タイプ有)
筆圧も感知できますし、ファンクションキーも少ないですが搭載されております。
小さくてワイヤレスということで、持ち歩きも可能!(但し、タブレットPCではないので、ノートなどPC本体は必要)
画像加工には、本当に十分です。
画像加工には。

絵を描く目的としては、私自身にはやはり物足りないです。
というか、やはり小さいのがネックで、描きづらいです。
これは多分、絵の描き方の癖が出てくるかな、と。
私は、腕を使って描くタイプなので、大きいほうが扱いやすいのです。実は、大きい分、ペン(タブレットのカーソル)動きがもっさりするのですが、これは、多分慣れ。
逆に、手首だけを動かして描く人は、大きいタブレットは合わないんじゃないかなって気がします。
さらに言えば、私はどうしても板タブに慣れないらしく、実は、Intuos4でも、あまり自由に描けないです。
Intuos4Lageですらそうなので、Cintiq触ったときは「絶対手に入れる!」と、意気込んだほどでした。

それからペンも個人的には、Intuos4の付属のペンのほうが良いです。
Drawのペンは細身で軽く、シャーペンぽさがむしろ使いやすい、という人が多いようです(実際はシャーペンよりも太いですよ)私は、シャーペンの細さより、ちょっと太目のグリップのほうが手に馴染むようです。
実は普段使用している付けペンも、太目のものがあるので、多分もともと太めのグリップが好きなんだろうな…。
ちなみに筆圧感知は、Drawが1024、Intos4は2048。
私は線画はアナログになるので、あまり筆圧感知に差があると思えないのですが、分かる人にはかなりわかるようです(逆に言うとそれだけ使い込んでいるという…)

道具は自分が使いやすい、と思うものを揃えるのが一番だと思います。
私は、なかなか板タブに慣れない為にいずれCintiq購入を考えていますが、小さい板タブで描いてらっしゃる人も大勢いると思います。

DrawとIntuos4、両方を使用してみて、絵を描くためであれば、結局軍配は、Intuos4に上がりますが、Drawは決して、悪いデバイスではないと思います。
本当にはじめてのペンタブ、ということなら、おすすめするタブレットです。

しかし、ドライバだけは、何とかして欲しいものだ…何だってこんなに不安定なんだろうな…;
Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。