TOP雑記 ≫ ハム先生とルーミス先生

ハム先生とルーミス先生

絵描きの多くが持っているであろう、人物画の指南書

「やさしい人物画」(A.ルーミス)

7年ほど前に購入し、地味~(笑)に活用しております。

この本と双璧を成す(と、言われている)のが

「人体のデッサン技法」(ジャック・ハム)
です。

持っているのがルーミス先生なので、ハム先生は見てはいなかったのですが、ふと思い立って、図書館から借りてきました。
ついでにこちらも。
「やさしい顔と手の描き方」(A.ルーミス)

ルーミス先生の本は、原書の著作権が切れている為、PDFファイルも掲載していサイトもあります。但し、英語版でございます。
コチラ

「やさしい顔と手の描き方」は、ちょっと思うところがあり、借りてみたのですが、ハム先生のほうは、ルーミス先生とどんな風に違うのか、見てみたかったので、詳細は改めて後日に書きたいな、と思います。

Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

Comment













非公開コメントにする