TOPスポンサー広告 ≫ しんちっくさわってきた!TOP雑記 ≫ しんちっくさわってきた!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

しんちっくさわってきた!

平仮名で書くと何が何やら…^^;

WACOMから出ている、液晶ペンタブレットシリーズのCinteiqの事でございます。

Cintiqシリーズ
しかし、わこむのサイトは見づらい…。私だけかなぁ…。

先日、pixivのグループ内で、ペンタブの話で盛り上がり、その余波というか、勢いで、ヨドバシに行って見て来ました。

現在intus4使用中ですが、未だに慣れません。
正確には、色塗りには大分なれましたが、線画を引く事ができないんですな。
あまりにも慣れないのと、今回ペンタブの四方山話が咲いたのとで、いっちょ液タブ試してくるか、と、こう、相成ったわけです。

展示品を触れるようになっているので試し描きしてみましたが…。

ちなみに板タブが何故未だに慣れないのか、という理由の一つに、手元を見ないで描く、という感覚にいつまで経っても慣れないというのがあります。
動かしている手元ではなく、それを見ずに見るのはモニタ、という状態が、どうも物理的に私にとっては不安定な状態で描いている様なのです。
着彩はそれほど問題ないのですが、線画がどうしても出来ない。
思ったように線を引く事が出来ず、デジタルカラーでも、未だに線画はアナログです。

そんな訳で、ヨドバシ行って見に行き、試し描きをしてみたところ、違和感は無いわけではないのですが、手元見ずにモニタを見る、という環境よりは、よほど相性が良さそうな感じがありました。なにより、不安定さが無い!
ちょっといいかも…と、ココロが揺らぐ…。

まあ、揺らいでも今はまだ購入するつもりは無いのですが…^^;

デメリットというか、欠点がないわけではありません。

まず、画面がつるつるである。
私は紙に近いざらつき感のある描き心地のほうを好むのですが、液タブの画面はつるっつるで、これはちょっと頂けませんでした。
しかも、画面を保護するようなシートも現状は特に用意されていないとの事。そんなぁー!
自己責任で、保護シート自作しているユーザーもいらっしゃるようですが…。
それから、マウス(というより、ペンポインタ?)ポインタとペン先に間があるため、やっぱり皮一枚、隔たりがあるような感じです。
ただ、これは、私はそれほど気にはなりませんでした。

尚、Cintiq24HDについては、とにかくデカイです。
重さ30キロとか、営業の方が仰ってましたが、間違って落とそうものなら、また、うっかり落として自分の体が挟まったら間違いなく怪我します^^;30キロ重い。
Cintiq22HDもそれなりに大きさがあるので、ある程度大きなサイズの液タブ購入する場合は、置き場所の確保をあらかじめしておく必要性を、とっても!感じました。
というか。Cintiq24HDはぶっちゃけプロ仕様ですな。
そして板タブよりもお値段も張ります。

ただ、技術云々ではなく、描き心地で選ぶべきだと思うので、上手い下手にかかわらず、板タブを何年使っても慣れない人は、思い切って液タブ購入はありだと思います。
私も余裕が出たときには購入を視野に入れようと思います。

Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。