TOP雑記 ≫ 病院と刑務所は朝6時に起きて夜9時に寝る

病院と刑務所は朝6時に起きて夜9時に寝る

実はこの生活をしばらく送っていくと、驚くほど身体が健康体になります。
勿論、この、朝6時から夜9時までの間は「規則正しい、栄養カロリーに偏りの無い食事と、適度な運動」も含まれます。(あ、運動は刑務所だけでした。)

誤解の無いように言っときますが、刑務所に入った事はございません。
ソースは、東直己氏の「札幌刑務所4泊5日」というルポルタージュであります。
読んだ時に「へー!刑務所も6時9時なんだ!病院と一緒じゃん!」と思ったわけです。
尚、大事な事なので二度言いますが、刑務所のお世話になった事はありません。

余談だが「札幌刑務所4泊5日」の東氏は、刑務所のルポを書きたくて、ムショに入ったと言うツワモノである。
ちなみに罪状は、道路交通法違反速度超過(時速30kmを48kmで走行、モノは原チャリ)。但し、普通これで刑務所に入れられる事は、ほぼ無いと思われる。何故なら罰金払えばそれで済むから。
尚、著書の中での記述では、周りの車は、もっと速い速度で、東さんの原チャリを追い越していったのだそうな…。
尚、この本自体は、なかなか面白かったので、興味のある方はどうぞ。
図書館でもOKよ。と言ったら著者さんに怒られるかしら(笑)
http://urx.nu/6SyF

それは、さておき、前日の記事がとにかく身体がだるく調子が出なくてしかも、どんなに寝ても眠い、と言う状態を解消した、という内容だったのだが、そんな状態で読んでいたのが、上記の本であった。

刑務所は、当然、清く、規則正しく暮らすことを目的としている為、朝6時起床夜9時就寝、栄養カロリーに偏りの無い食事と適度な運動は、当然で当たり前のことなのだが、東氏が数日体験しただけで、少しだけ健康体になった、と言う事なのだ。

で、刑務所に入っていない私が、何ゆえ、これ本当だよって言えるのかと言うと、過去に入院経験があるからだ。
ちなみに私は、ハラを切って入院している。

病院も刑務所と同じ朝6時起床、夜9時就寝。
そんなんで寝れるワケねーだろーなーと、思っていたら、この生活に慣れると、本当に健康体になるんだな!
まず、快便になる。
ただ単に規則正しいわけではなく、多分食事も関係しているんだと思う。
カロリーだけではなく、栄養士がちゃんと考えた、適切な栄養摂取が出来る食事も健康体になる理由だと思う。無論、食事の時間も。
私はハラを切っていたので「運動」はできなかったが、3日経ったらもう自分の足で歩いてトイレに行ってましたとも。甘やかされませんでした(笑)

食事については、抱えている疾患によって、制限が出てくる場合もあるのですが、私は、フツーのお食事でした。特にマズイ、という事も無く、ご飯の時間はそれなりに楽しみでした。

疲れた、最近体だるい、と言う方は、やはり、規則正しい時間の、起床、就寝、カロリー、栄養素、ともに偏りの無い食事をきちんと3度取り、それで数日過ごすだけで、たぶん大分違うのではないかと思いますが、実際、シャバで過ごすとなかなか出来ないよね(笑)。
退院してから、しばらくしたら、フツーに宵っ張りに戻りました。

でも、最近、やっぱりちょっと改めたいなと感じております。
Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

Comment













非公開コメントにする