TOP版権イラスト ≫ 初東方

初東方

クリックで大きくなります。


初東方で、霊夢さんです。
初めて描いたキャラなので、いろいろ難しかったです。特に、やはり顔が難しかったかな。
実は東方をプレイした事が無いので、キャラクターをつかんでいないのが原因かと思います。

東方はシューティングゲームのようなので、プレイするのに余計に腰が引ける…(笑)
簡単なシューティングすらへたくそすぎて、自分が笑えます。

今回のイラストは、カラーインクとリキテックス主体に、色鉛筆は背景のみ使用。その後Photoshopで加工。
本当は霊夢の衣装の赤を、もっと濃くしたかったのですが時間を優先した為、色を乗せきれず、全体に薄い感じに仕上がってしまいました。


アナログイラストについて、いろいろぶつぶつ呟いてみました。
お暇な方は続きからどうぞ~。

-----------------------------
-----------------------------



-----------------------------
-----------------------------


アナログの場合は、濃い色が本当に難しいです。
失敗すると塗りムラが盛大に出来てしまったりするから、範囲の大きい部分は特に難しい。
ムラに関しては、実は色鉛筆が一番心配がないのですが、カラーインクやリキテックス以上に、濃い色を塗りつくすには時間がかかります。

アナログやっていると、デジタルは本当に時間がかからない。
それと、修正が利く、というのが最大の利点ですが、たまにこの利点に足元をすくわれて、時間をかけてしまい、結局アナログと変わらない作業時間になっている…と、いうことがしばしば…^^;
私は特に画像加工が好きなので、デジタルで色塗りを終えたあとも、加工で時間を食っているパターンがかなりあります(苦笑)

ただ、デジタルイラストを描くにしても、アナログの知識が無いと難しいらしいです。
特に色に関しては、一度アナログでの混色などを学んでおいた方が良いようで、やはり、いろいろな画材に一通り手を出しておくのは、案外悪くないのかな、と、思いました。

実際、ここ数年ほど、デジタルばかり描いていて、だんだん描けなくなった時期がかなりあったのですが、ちょっと事情があってアナログを再度始めたところ、描ける様になりました。

最近は、絵を描く人の殆どが、いきなりデジタルから、という人は多いと思いますが、もし、デジタルしかやってこなくて伸び悩んでいる人がいたら、一度アナログに挑戦してもいいと思います。
紙に向かって鉛筆で描く、という感触もやはり必要だと思いますし、たくさんの色鉛筆や絵の具のチューブが目の前に並んでいると、それだけで楽しいです!

実際は、手は汚れるわ、油断してると服も汚れるわ場所を取るわで、デメリットが多いです^^;
ちなみに場所を取る、というのは、描く場所も勿論広い方がいいですが、画材が増えれば増えるだけ、画材置き場に苦慮するという問題が発生し、また、出来上がった作品の置き場にも困ります(笑)
私の場合は、作品は全て人手に渡っているので、カラーの作品置き場には今のところ困らない…のですが、漫画原稿だけは未だにアナログなので、これがなんともね…。

ただ「見える形に残る」というのは、大きいかな、とも思っています。

Comment













非公開コメントにする