TOPスポンサー広告 ≫ とことんスコーンTOP雑記 ≫ とことんスコーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

とことんスコーン

どんだけスコーン好きなんだ!
って言うくらい、食ってます。但し、バター分大目なので、毎日食べてるわけでは、有りません。

今日は、配合で、味がどんな風に変わるか、実験的に3種食べてみた。


続きから暇な人のみどうぞ~。






----------------------------------------
ヨーグルトスコーン。
栗原はるみ氏のレシピを少し改造したものです。こちら
ヨーグルトは60gに、卵は1個ではなく、L玉1/2個となってます。更に無塩バター使用なので、塩を小1/2ほど加えてます。

出来上がりはさくふわの、やややわらかめスコーンです。味はシンプル。バターも少なめなので、食事用にぴったりです。

尚、同じヨーグルトスコーンでも、こちらの配合の方が、粉が少ない分、味が濃いです。
本当に美味!
ヨーグルトスコーン(ダイソーレシピ版)


プレーンスコーン(バター少なめ)
小麦粉200g、バター(有塩)50g、牛乳100cc、砂糖小1、BP小2

バターが少ない為、味気ないです(笑)
やや、弾力ある…かな?バターをつけて食べた方が美味しいかも。(だが、カロリーコントロールの意味が無くなる。)
ヨーグルトスコーンほどのふわは、無く、また、下記のバター多目のスコーンほどのさく感も無いです。
カロリーを余り気にしない人は、バター多目のスコーンの方がいいかもです。
食事代わりにしたい人や、カロリーを気にする人はこれで十分ですが、バターが少なくても少しでも美味しいものを!と言うことであれば、上記の栗原版ヨーグルトスコーンがお勧め。
ダイソー版ヨーグルトスコーンだと、粉の配合に対して、バターがやや多めになるので、カロリーが気になる方には、向かないかも?でも美味!



プレーンスコーン(バター多め)
小麦粉120g、バター(有塩)50g、牛乳50cc、砂糖小1、BP小1と1/2

粉の配合に対してバターが多目です。
その分、美味しいです!
表面のさくさく感は、ヨーグルトスコーンよりあり、中はバターが多い分、今までのスコーンよりしっとりしてます。ふわしっとり?と言う感じでしょうか。
尚、今回は有塩バターを使っているので、風味は無塩バターより劣りますが、有塩バター独特の塩味が結構効いています。しょっぱくは無いですが、ほんの僅かな、この塩加減が以外に好きで、私は何もつけずに食べられます。
無塩バターを使って、塩を足した方が、美味しいんですけどね。


ちなみに初めてスコーンを作った時の配合はこちら。
小麦粉220g、無塩バター100g、牛乳120cc前後、砂糖小1、塩小1/4、BP大1

むか~し、オレンジページ増刊号に載っていたレシピです。
今でも、この雑誌手元にありますw

実は、プレーンスコーン、卵を入れるタイプの配合のレシピが圧倒的に多い事が、最近になって判明。
主にネット上のレシピですが。
私が本で漁った、プレーンスコーンのレシピは卵無しの方が多かったのですが、卵を入れると、ややマフィンの食感に近くなります。

通常、バターが少ない配合の場合、ヨーグルトが入ったり、生クリームが入ったり、或いは卵+牛乳で液体のかさを増やしている場合が多いようです。
卵はそれだけで膨らみますし、やわらかくもなりますが、私はプレーンスコーンに限り、卵が多目の配合が好きでは無いので、使用しても1/2個程度です。

また、プレーンでも通常、砂糖は大さじ1は入れる場合が多いですが、私はもっと少なくしています。

イギリス風プレーンスコーンは、それ自体、余り味が無いので(ある意味イギリスらしいwww)バターや生クリーム、ジャムなどをつけて食べる食べるのがポピュラーです。本場ではクロテッドクリームと言う、バターに近いクリームをつけて食べるのだとか。

ちなみに、アメリカでは、イギリス風のプレーンスコーンをビスケット(多分カナダあたりも)と言いうそうです。
ケンタのはまさに「ビスケット」ですね。初めて食べた時はうまかった…!
砂糖が多く、甘めで、ナッツやドライフルーツなどをふんだんに盛り込んだ、ボリュームのあるタイプのものを北米では、スコーンと言うのだそうです。
イギリス風と違い、生地それ自体に味がある為、何もつけずに食べるようです。
私は食べた事が無いのですが、多分スタバ辺りのスコーンが、アメリカ風のスコーンでしょう。

ちなみに、アメリカンスコーンとブリティッシュ(イギリス風)スコーンの違いを、形だと思っている人がいるようですが、ブリティッシュスコーンでも三角に切ったりします。(私は時々四角くする)
あくまで、材料と生地配合の違いですね。

尚、私が好きなのは、アメリカンより、ブリティッシュスコーンです。
アメリカンタイプは、今まで作った事がありません。せいぜいが、甘さ控えめのくるみスコーンくらいですが、甘さ控えめの方が危ないですな。
うっかり食べ過ぎる…!



Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。