TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

早すぎるわ!

なんか出来ましたよw!→DoolistMode

こちらのブログが、ドール一色に染まりそうだったので、分けました。
尚、まだ、ドール自体の購入には至ってはいない為、現在購入までの道しるべ&覚書処のような感じで運営していきます。
なので、ドール購入計画が頓挫したら、消え行くブログです(苦笑)
早すぎるブログ…(笑)

内容を考えたら、まだこちらと統一でもいいような気はするんですが、ドールは、好き嫌いの分かれるジャンルの為、分けるのが一番かな、と考えました。
一応、サイドからのリンクにも加えましたので、興味のある方は覗いてみて下さい。更新は今のところ週イチくらいの予定です。
あ、もちろんドール本体は無いので、文字だらけですが。

ちなみにドール熱に伴い、サイト運営再開も視野に入れておりますが、その際は、イラスト倉庫も併せて構築できたら…と、考えてます。
スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

目の保養がエラい事に

初めてVOLKSさんに行って2週間近く経ちますが、ヤバイ事に熱が高まりすぎて、かなり購入に傾いています。
イヤ。
金があれば恐らく購入に走っていたかと思います。
もっと正確に言えば、今は出せるものも出せないので、お金を貯めて購入しようといろいろ勉強中です。

購入しようと思ったのは「アレ、そういえば服の皺…」と、生きた資料代わりやん、と考え、絵を描く為に役立つよねと、思い至ったのがきっかけであります。

ただ、とにかくお高いものである事と、PCなどと違って、必ずしも生活に必要なものか、と考えるとNOになってしまうわけなので、購入しようと考えてはいますが、買った時に後悔しないために、まず必要な知識と物(主に金銭)を揃え、環境も揃えてから、突っ走ろうと考えています。

ドール関係は本体にとどまらず、お人形のケア用の道具や小物にも相当費用がかかります。
特に衣装は、10着揃えるだけで、衣装そのものの値段が合計でドール本体より高くなる可能性もあります。
冗談ではなく1万円以上のものとか、着物になると2万以上とかね…^^;
ので、できれば衣装は、簡単なものは手作り出来たらな~、と考えてます。
お針子仕事は、それこそ実用的趣味になれるので、出来てまったく損はない趣味ですし、色々なサイトを見て回っていくうちに満足して熱が冷めたら結局、購入を考えなくなってしまった、という事もありえるかもしれないので。
自分が結構飽きっぽい性分なので、そうなったらそうなったで困ることもないと思いますが、今のところは、購入をする方向に色々検討している最中であります。

ちなみにVOLKSさんのお店で、フルチョイスというシステムでの購入を考えています。
顔、手、足、ボディなど、パーツは全て、オーナー(お客)好みで選べるようになっているいわゆるセミオーダーシステムの方法ですが、パーツがあまりに多いので、購入が出来そうかな、と目処がついたら、その時にフルチョイスについて詳しく店員さんに伺おうと思ってます。
パーツによっては、京都のお店でしか購入できないタイプもあるみたいなので、そういう事もきちんと聞いてみて、場合によっては、京都行きもありえるかもしれません。
まあ、そのときは、京都観光も間違いなく兼ねてのお出かけになるかと思います(笑)

本当にお金がかかりそうなので、実際に購入にいたるまでには、かなり時間がかかりそうですが、そういう過程を楽しむのもいいかな、と思ってます。
Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

目の保養 その2

昨日は、VOLKSさんのほかに、影絵作家、藤城清治先生の版画展示会(販売あり)もありましたので、見てきました。
最終日だった為か、大変混んでいて、あまりゆっくり見る事無く、出てきてしまいましたが、作品はどれも素晴らしいものでした。
実は、ご本人様がいらっしゃってサイン会を行ってらっしゃいました。当たり前ですが、生で拝見したのは初めてです。
影絵は、影絵そのものを展示しているのではなく、レフグラフ版画、と言う種類の版画で、藤城さんの影絵を再現しているアートポスターの展示会でした。
そのほか、影絵自体を楽しめるようにライトアップアートと言って、LEDをバックライトにした作品もありました。
こちらのほうが、原画により近い雰囲気が味わえました。なんと言っても「影絵」ですしね!

それにしても、影絵なのにあのグラデーションは何なんだろう。そして、色彩がとても美しい…!
子供の頃から藤城さんの影絵にはお世話になっている方は多いと思いますが、版画ではなく、やはり実物(もしくはライトアップアートで)を拝んで見たいものです。

来月は実は、その影絵原画展を拝める機会がありそうで、楽しみにしてます。
行けるかな。行きたいな…!
そして、今度こそ…図録を…!図録が欲しい…!!!
Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

目の保養 その1

ドールを扱うお店と、影絵作家の藤城清治さんの版画展示会に行ってきました。

ドールの実物は以前、まんだらけに飾ってあったのを見たことがある程度で、あとは、気が向いた時にドールサイトさんをたま~…に回る程度でした。
今回、市内にドールのお里であるVOLKSがあると知って、見てきました。
見てきただけ。
だって…だってお値段が…ねぇ…!

川原由美子先生の「プランツドール」という漫画があるのですが、ちょっとそれを思い出しました。
私が今回中心に見たのは、VOLKSのスーパードルフィー(SD)と言うもので、1体数万のお値段がするシロモノなのですが、人形本体に、ウイッグやらドレスやらアクセサリーやらを次々と購入すると、まあ、素敵なお値段になる事請け合いです。
本気で買ったら、本当にプランツドールを購入しているような気分になるような気がします。
プランツドールの作中では、プランツはもともと貴族の道楽だったらしいですが、現実のSDもなかなかのモンです。
また、ドールのオーナーさん達はほぼ例外なく、複数体のドールをお持ちでいらっしゃいますので、趣味としては間違いなく高級な(金銭的に)部類になると思います。

でも、美しいんですよね。
お顔やボディの種類はたくさんありますし、何より、カスタマイズドールなので、メイクもウイッグも、自分好みにいくらでもアレンジする事ができるんだそうです。
ドレスについては、洋裁が得意な方だと自作もされるらしいです。

見ているだけでも、見ごたえがあるものなので、もし可能ならドール専門のイベントがあれば言って見たいですね~。
イヤ、あるのは知っているんですが、持ってない人が言っても良いのかな…。同人誌即売会なら勝手知ったるって感じなんだけど。

本当に余裕があったら1体くらい欲しい…気が…;

Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記

ドールとか

わ~い。また広告が出ちゃった!
できれば、何と言う事もないことでも、毎日ブログ(日記)つけたほうが良いのかな、と思うんだけど、義務化しちゃうと、逆に億劫になるんですよね。やる事は山ほどあるし(でも大概やっていなかったり…)

それはさておき、タイトルにある「ドール」です。
ドール趣味は、かなり好き嫌いが分かれるようなのですが、私は嫌いじゃないです。
少しだけドールサイトを見て回っていたりしたこともありました。ドール専門のイベントみたいなのがあれば結構行ってみたいな~と思っています。

新聞広告にインテリア系の広告が入っていることがありますが、むか~し、そのインテリア系の広告でなぜか等身大の人形が写真に載っていたんですな。今思うと「何で!?」と思わないでもない、ラインナップでしたが「水の精」みたいなタイトルの人形は素晴らしく美しくて「私にお金と置き場所があれば欲しい!!」と思ったほどでした。
アンティークなビスクドールや陶器の人形、紙人形なども見るのは結構好きです。

@gamesに登録して、セルフィ(@gamesのアバターをこう呼びます)のお着替えなんか楽しんだりしてますが、これも、ドールの楽しみの延長みたいなものなのかな、と思い至りました。
ドール本体を買う余裕は全く無いので、ドールサイトさんで目の保養をしたいですな。
あと、ドールショップが市内にある事が発覚!
ちょっとだけ見て来よう…!
Comments (0) Trackbacks (-) | 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。